2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | 編集

愛車遍歴?

2015年春から夏にかけて二輪免許を取得。
初バイクとして購入したのがこちら

07

ヤマハ MT-07。
なぜか大型免許まで一気にとってしまったので、どうせ乗るなら大型ということで選択。
700ccとは言え大型なのに、非常にコンパクトな車体で初心者の自分には悪くない選択肢だったはず。

しかし、一緒にツーリングに行く友人が妙にダート林道が好きで・・・
一緒に走っているうちに自分も林道に興味が出てきて、2017年7月でお役御免。。。

次に購入したのがこちら。
セロー250

セロー250。
オフ車なので、ダート走らなくてどこを走る!?ってバイク。
車体も軽くて非常に乗りやすい。 このバイクで色々と遊びに行くよー






スポンサーサイト
[ 2017/09/11 21:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(0) | 編集

数年ぶりに

数年ぶりに更新してみる。
この間に新しい趣味ができて、レトロゲーム関係はご無沙汰に。

ここは、私のシュミの場所なので新しい趣味についても書いていければ。
ちなみに新しい趣味というのはバイクです(^o^)
[ 2017/09/11 20:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0) | 編集

お家でアーケード計画始まった?

こんなものをゲットしてしまった。

ComboAV入手1 ComboAV入手2 ComboAV入手3

コントロールボックスのComboAV。
ジャンク扱いの本体のみ品。
電源入ったということなので、後は配線が多少おかしいぐらいなら修理できるだろうと。

あと最低限必要なのは、アーケード基板、ハーネス、RGBケーブルか。
ハーネスの材料を買いにアキバに行く必要があるし、基板も動作確認用に一枚ぐらい買ってこよう。
麻雀やクイズゲームの不人気な基板なら1000円~2000円でゲットできるだろう。

とりあえず外観の掃除から始める。
塗装剥げは動作確認がとれたら、タッチアップペンでも用意してごまかせる程度に補修予定。


目標は年内の稼働。 もちろん動かないと判明したらそこで終了。

[ 2013/09/16 13:43 ] アーケード | TB(0) | CM(0) | 編集

ホリコマンダーのロット差分

Newホリコマンダーとホリコマンダーブラックの中身が全く同じということをここに書いた。

ブラックよりも前に無印(赤色)のホリコマンダーが発売されており、これも中身が同じなのか?

という疑問が湧くと思う。

 

結論から言うと、赤色のホリコマンダーは後期製造分はブラックやNewと中身が同じである。

 

つまり、赤色には前記、後期で差分がある。

具体的に違う所を分解画像で見ていこう。

 

IMG_20130601_103731

 

左側が前期ロットで、右側が後期ロット。

触った上で一番違いがわかるのはここだろう。

IMG_20130526_121508IMG_20130526_121517

 

連射スイッチを取り付ける場所に、右側の後期ロットにのみギザギザの段差がある。

これによって、連射速度を切り替える際に「カチッ、カチッ」と明確にわかるのだ。

ハドソンのジョイカードは最初から段差を付けており、おそらくHORIはこのジョイカードを真似したのであろう。

→どっちが先に発売したかも気にせず、適当言ってます

 

また、ケーブルの固定箇所も少し違う。左側の前期タイプのほうは2段階?でケーブルを固定している。

実際には、優れた方法ではなく、ケーブルにタイラップを取り付けて、タイラップの幅で固定するというイマイチな方法。

右側の後期タイプはケーブル自体にブッシュが付けられており、ブッシュに合うようにガワが作成されている。

→これ以降の主流ですね。

 

側だけではなく、基板にも差がある。

IMG_20130526_121559IMG_20130526_121606

 

基板の型番を見ると前期は0826-07、後期が0826-123。

後期の基板はブラックやNewにも使われているもので、ある意味で完成形なのだろう。

 

このように差があるものの同じICを使った連射回路である。

スイッチがカチッカチッとするのか、ヌルーっと動くのかの違いぐらいしか感じない。

最大速度でしか連射を使う気がないなら、どっちでもいいだろう。

[ 2013/06/01 11:00 ] コントローラ | TB(0) | CM(4) | 編集

ニューファミコン用連射コントローラ

今でこそレトロゲームブーム?や、RTAブーム?でファミコンが人気だが、

それほど見向きもされてなかった頃に発売されていたAV仕様ファミコン、通称ニューファミコン。

 

そんなニューファミコン時代にどんなニーズに答えたのか、ホリが出していた連射コントローラがあった。

ひょっとしたらニューファミコン用として唯一かもしれない周辺機器。

それがこのニューホリコマンダー

IMG_20130415_195645

ファミコン時代にハドソンのジョイカードと双璧だったホリコマンダー。そのニューファミコン仕様である。

ちなみに、これがホリコマンダー。 こいつはノーマルは赤だけど、こいつは硬派な?黒!。

 

IMG_20130415_195739

外観は色以外はソックリさん。

ニューホリコマンダーの特徴はニューファミコン用のコントローラ接続口に対応している点。

つまり、こいつは1コンにも2コンにも使えるのだ!

 

「えー? ~君だけ連射コン使ってて、セコいわー」

「だって、連射コンは1個しか繋がれへんもんー。」

という、幼心に差別という世知辛い概念を刻みつけられたあの頃(´Д⊂ヽ

 

 

せっかくなので、ホリコマンダーとニューホリコマンダーの中身を比べてみようと思う。

IMG_20130415_200056IMG_20130415_201124

 

びっくり。基板の型番まで含めて全く同じである。

ニューファミコン時代は新しいという思い込みが有ったので、ICもDIPからSOP部品に変更してると思ってた。

逆に言うと基板データや金型データがすぐに使える状態になってたから生産したのかもしれない。

カラーもニューファミコンに合わせた意味もあるだろうが、当時主流のスーファミと同じ材料で作れたのかも?

 

一応、いつもの流れで完全分解して、清掃中ですが、元の状態がそれほど悪くなかったのは年式が新しいからかな。

 

正直、今の時代にニューファミコンで二人プレイ、しかも連射コンを使ってとなると、利用シーンが少ないかもしれない。

一人プレイで游ぶ分には、拡張端子に挿せるホリコマンダーでも問題ない。

上に書いたように、基板の型番まで含めて同じだしね。

ある意味、コレクターズアイテムかもしれない。ただ、趣味の世界なんてそんなもんだよね。

 

 

 

 

 

 

実は、箱入りのやつも持ってたりする。

IMG_20130415_211151IMG_20130415_211034

 

当時は1500円かー。

[ 2013/04/15 12:21 ] コントローラ | TB(0) | CM(0) | 編集





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。