2011 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 01




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | 編集

ツインファミコン修理 その2

ACアダプタの作成、ディスク部の修理と弄ってきたツインファミコン。
残るはコントローラのみ。

問題なければ分解清掃で終わりだが、明らかに2コンの押した感触がおかしい。
おそらくゴムパッドの交換は必須と予想し、分解を開始すると・・・

外観。
IMG_20130108_205409.jpg

目立つ傷など無くて一安心。

まずは、1コンを分解。
IMG_20130108_205804.jpg

ふむふむ。十字キーのゴムとABボタンのゴムの色が違うな。十字キーの方は交換されてるのかも。
とにかくゴムは切れてるところもなく問題ない。

そして、2コンを分解。
IMG_20130108_210137.jpg
ふむふむ。やはり1コンの十字キーだけゴムの色が違うな。あっちは交換されてたか。
それにしても、十字キーとABボタンに変な色が付いてるな・・・
って、えーーー!?

拡大!
IMG_20130108_210156.jpg

なんじゃこりゃーー!!
各ボタンの付け根に接着剤が塗られてる!
カッチカチに固められてる・・・  これが原因か。

きっと、1コンは利用頻度が多いからゴムパッドを交換したけど、2コンは無理やり修理でごまかしてきたんだな。

というわけで、2プレイをやる予定など無いのに、修理を完成させるためだけに切れてないゴムパッドと交換。
あとは掃除して組み立てたら終わり。

ツインファミコンは初めて弄ったということもあり、動作環境の準備から始めた。
今回の個体だけかもしれないけど、色々と手を入れるところがあって非常に面白かった。

弱点らしい弱点は修理、交換したと思うので、まだまだ戦えるツインファミコンになったかな。
強いて言えば、モビロンバンドの耐久性か。人に譲ることがあれば、そのときはゴムベルトに交換してからだな。

スポンサーサイト
[ 2013/01/09 07:23 ] ファミコン | TB(0) | CM(2) | 編集

ツインファミコン修理 その1

先日清掃及びACアダプタの作成をしたツインファミコン。
カセット部は問題なかったが、ディスク部に問題を抱えていた。

分解するとゴムベルトは切れていなかったが、ビロンビロンに伸びていた。
交換方法は詳しいサイトがいくらでもあるので、そちらを参考にw

以前交換した際はヤフオク入手のゴムベルトを利用した。
もう1本有るのだが、少し前にぽんRevさんところで紹介されていたモビロンバンドを使用することにする。
安かったので紹介記事を読んだ直後に購入しておいたのだw

早速交換したのがこちら。
IMG_20130108_112001.jpg

黄色いベルトがモビロンバンド。 
ゴムベルトより薄いため、ギヤとギヤの間に入ってしまいやすく、取り付けに少し苦労した(;´∀`)
このあたりはベルト交換2回目(1回目は1年以上前?)の未熟さか。

この交換でディスクもバッチリ読むようになった。
ただ、動作確認の際にAVケーブルを動かすと映像が出なくなることがあり、RCA端子を再ハンダしておいた。
IMG_20130108_112837.jpg IMG_20130108_113131.jpg

あとはコントローラを分解清掃して修理終わりの予定。
触った感触では1コンは問題無さそうだが、2コンの十字キーが非常に固い。
ゴムが切れてペコンペコンというわけでもない、本当に押しづらい。こんなのは初めてだ。
まあ、多少は予想外のことが起きたほうがジャンク修理は楽しいw

[ 2013/01/08 20:45 ] ファミコン | TB(0) | CM(0) | 編集

ツインファミコン購入

年明け早々にツインファミコンを購入することが出来ました。

今までも何度かツインファミコンは見かけていたのですが、全て前期モデルばかり。
どうせかうなら、連射付きの後期モデル!と決めていたので、前期はスルーしつづけた。
→たまに後期を見つけたことはあったが、動作品でお値段が8000円以上もしたので当然スルーw

ようやく予算以下の後期モデルを発見することが出来たので迷わずゲット。
それがこちら。
IMG_20130106_120849.jpg IMG_20130106_120918.jpg

傷だらけで汚れも多い><
まあ、傷は諦めるとして汚れは気になるので、分解して清掃することに。
IMG_20130106_122507.jpg IMG_20130106_122607.jpg
バラしてみると、中身は結構綺麗。 なぜか蓋の方には変な汚れが。
右の写真で左の方に居るのはカセット↔ディスク切り替えスライドスイッチです。

とりあえず洗い終わったのがこちら。
IMG_20130106_161926.jpg
うーん、擦り傷は諦めたw


さて、動作確認。
このジャンク品は本体のみだったため、ACアダプタとAVケーブルが必要。
AVケーブルに関しては汎用のRCAケーブルを使えばよい。
問題はACアダプタ。

よくある外径5.5mm、内経2.1mmのACアダプタを挿してみたが、物理的に挿せない。
道具箱を漁って、いくつかのプラグをためしてみると、外径5.5mm、内経2.5mmのプラグが問題なく刺さる。

ググると7.6Vセンタープラス、外径5.0mm、内経2.5mmが純正の仕様らしい。
どうやら、外径はちょっと余裕があったのかなw  とにかく挿せるのでこれを使う。

同様にググっている際に見つけた情報ではPSone用の7.5VのACアダプタを使用されている方が居た。
まさに手元にあるため、早速作ってみる。
IMG_20130106_154612.jpg
ACアダプタの先を切断して、右のプラグを付けるだけ。
IMG_20130106_161812.jpg
ケーブルとコネクタの色が違うので少し違和感あるが、全部ソニーのせい(ウソw)

このACアダプタを使うことで無事に電源が入れることができた。

早速動作確認をすると、カセットは問題ないが、ディスクはNG.
予想通りの結果である。
古いからディスクはベルトが伸びたか切れているのだろう。

ひとまず動作確認するための環境は揃ったので、おいおいディスク部分の修理をしていくつもり。
なお、コントローラは2コンの十字キーが非常に渋い。あとは1コンのスタートボタンも反応が悪い。
こちらも確認しないといけないかな。







[ 2013/01/06 16:49 ] ファミコン | TB(0) | CM(0) | 編集

赤白ファミコンのAV化における縦縞対策(パスコン容量比較)

赤白ファミコンのAV化における最大のデメリットとも言うべき縦縞。
その特効薬としてPPU21ピンカットが下記のサイトで発表されてから、本当に満足できるAV改造ファミコンができた。

 家庭用ゲーム機をxxする    http://vaot.mydns.jp/fc/              
  →大変参考になるのだが、疑問として残るのが管理人さんの名前であるw なんと呼べばいいのやらw

ブイハチも試して、その結果は以前の記事にあるのだが、別個体での21ピンカットの効果を見るべく、追加で弄っていた。

そんな中、21ピンカットの後に、PPUへ取り付けるパスコン容量を0.1uFから1.5uFに変えてみるとたった1個のパスコンで効果が大きかったため、比較画像をキャプチャし記事にしてみる。
→以前は、パスコン追加だけでも21ピンカットだけでも縦縞が収まらず、0.1uFを全ICに取り付けた

以下、左から順に①PPU21ピンカットのみ②0.1uF追加時③1.5uF追加時のDQ2オープニングのキャプチャ画像である。
なお、基板はHVC-CPU-07である。


1台目_パスコン無し 1台目_0_1uF 1台目_1_5uF


比較してみると②の0.1uF追加時は、小さなノイズが減ったせいか、よりハッキリと縦縞が見えている。
それに引換、③の1.5uFは全体的に縦縞が消えているのが分かる。
これは以前の記事で他のICにも0.1uFを追加した際と同等レベルに感じる。

積セラの容量を上げれば上げるほど良いのかわからないが、ひとまずこの改造内容でブイハチの中での赤白ファミコンAV化のFixとなりそうだ。
積セラの追加個数も少なくなり、改造の手間も少しは減るのが嬉しい。


それにしてもHVC-CPU-07ばかり弄ってるので、ぼちぼち後期基板に手を出すか。
1台だけしか無いので、個体差分も考慮にいれるために、後2,3台は買わないとダメかな。


おまけ
 上の画像とは別の個体でも同じように3段階でキャプチャした。同様の傾向が見えている。

1台目_パスコン無し 2台目_0_1uF 2台目_1_5uF






[ 2012/12/22 18:57 ] ファミコン | TB(0) | CM(0) | 編集

ファミコンAV化の色合い確認

縦縞対策を施したファミコンの色合いを確認する。
WEBを見ていると抵抗の値をいくつか変えて調整している方が居る。

1年以上前にAV化の1台目を作った時に、抵抗値を3種類ほど試して決めて、今回も同じ値を採用して改造した。

というわけで、今回の個体でも問題ないことを確認するために、リファレンスとなるニューファミコンと比較して見ることに。

縦縞対策の時と同様にPCでキャプチャし、左半分と右半分で画像を合成してみた。

DQ4のOP(左半分がニューファミコン、右半分が改造した赤白ファミコン)
DQ4.jpg


明らかにどっちが明るい、暗いという事もないと思う。
強いて言えば、右側がすこーし暗いか?

ここまで似ていれば調整は不要かな。昔調整した時の抵抗値を使ったのは正解だったw





[ 2012/12/05 23:56 ] ファミコン | TB(0) | CM(0) | 編集





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。