2020 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 06




タンデムステップとフックボルト

軽量化の一環でタンデムステップを取り外している方を見かける。
二人乗りする気は無いのでタンデムステップの必要性はたしかに無い。

しかしながら一点だけ問題が。

DSC_0198.jpg

荷物固定のネットをタンデムステップにかけるようにして使っている。
他に適当な引っ掛け場所が無いので、タンデムステップを取り外すと使い勝手が落ちてしまう。
これがネックで今までは保留していた。

DSC_0195.jpg

用意したのがフックボルト。ホンダ純正品で手配してみた。確か2個で500円ぐらい。
(ヤマハ純正でもXJR1300用などで見つけたが高くてやめた)

DSC_0200.jpg

事前調査の通り、長さも現在のものと同じでバッチリ!
と思ったが、ステップの厚みを忘れていた。フックボルトは本当はステップの厚みよりネジ部が短いほうが良かった・・・
まあ、仕方ない。

DSC_0203.jpg

取り付けてみてネットを掛ける。うん、いい感じ。
以前まではサイレンサーに少し接触していて溶けないか心配だったが、これは大丈夫。

ステップは2箇所止めで、フックボルトは一箇所。もしボルトが緩んで外れるとネットが抑えられなくなる。

近い内にネジロック剤を手配して、取り付けなおそう。
あと、もう一箇所にもフックボルトを付けておくか。
[ 2018/09/22 18:48 ] バイク備品 | TB(0) | CM(0) | 編集

G-MIDLAND (ジー・ミッドランド)をマシにする

この記事はブロとものみ閲覧できます
[ 2018/09/01 19:43 ] バイク備品 | TB(-) | CM(-) | 編集

林道ツーリング用ブーツ

林道用に用意したブーツがある。

まず最初に購入したのはこちら。
20180825210255a1a.jpg

ガエルネのFASTBACK。
モトクロス用というほどではないが、しっかりとガードしてくれそうな安心感のあるブーツ。
伊豆ツーリングでも使ったが、特に不便は感じなかったが、歩きやすいとまでは言えないかな。

マッタリと林道行くなら、ここまでのものは要らないかと思い、歩き易さを優先して物色することに。
最初の候補はガエルネのトライアルブーツ(バランス4)。
しかしながら、いっそのこと割り切ってしまえと思い、オフブーツではなくアドベンチャーブーツの範囲から選ぶことに。

201808252102405e0.jpg
ガエルネ Gミッドランドのゴアテックス対応のもの。
運良くメルカリで格安で手に入れることに成功。

防水だし、ダート関係ないツーリングにも履いていくのに良さそう。

ハードなところはFASTBACK、マッタリなところはGミッドランドとなりそうだが、
しばらくは適当に使っていって様子をみてみる。
実際、この間のアタックにGミッドランド履いていったし(汗)





[ 2018/08/25 21:13 ] バイク備品 | TB(0) | CM(0) | 編集

上半身をしっかり守りますよ!

基本的にバイクに乗る時は何かしらのプロテクターは付けるようにしている。
実際には片道15分~30分のショートはつけないことが多いですが(付けるに越したことはないのはよーくわかってる)

これまたセローに乗ってからも使っていたのはずっとMT-07時代のお下がりで、
安定の?プロテクター付きコミネジャケットを使っていた。

特に不満という不満はなかったが、ヘルメットもオフ用買ったなら、これは行くしか無いっしょ!
ってことで通販をポチッとしてしまった。

20180823062117813.jpg

トロイリーデザインのBG5955にしました。
色んなブログなど見ていて、バランスが良さそうに見えたのが理由ですね。
オフジャージの中でも外でも良いという使い勝手の良さが一番の魅力。

マッタリ林道ツーリングでも、防具だけはケチらずに行こうと思ってます。
やはり安心感があると落ち着いて走れますからねー。

今はジャージの中に来てますが、外側に着たり色々と試してみようっと。


[ 2018/08/23 19:05 ] バイク備品 | TB(0) | CM(0) | 編集

1年以上経ってオフメットを購入

セローに乗り換えたのが2017年の7月。
それから1年間、ヘルメットはMT-07時台のSHOEI Z7、つまりオンロード用フルフェイスのままでした。

オフロード用が欲しいとは思いつつ決め手がなくてズルズルきてました。
掘り出し物が無いかと主にARAI ツアークロス3を狙ってましたが、
最終的に購入したのは違うヘルメットでした^^;

20180823062138597.jpg

SHOEIのVFX-WR!
ツアークロスはどうしたって話ですが、それが友人が先に買ったので同じのはどうかなーと。
さらに6月に新発売したところのモデルで、どうせ買うなら最新のがええなとなりました。

どこかの記事で、「上手い人は白いヘルメット」というのを読んで、「白は買えないな・・・」とこちらのカラーに。

なお、オンロードヘルメットだとハイドレーションから給水しようとしても、口周りにスペースが無くて無理でしたが、
このメットなら問題なし!
→実はハイドレーションが一番の買い替え理由だったりするw

このメットで林道楽しむよー(フラット林道でマッタリ)


[ 2018/08/23 08:54 ] バイク備品 | TB(0) | CM(0) | 編集