2020 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 06




フラッシュカートリッジで使える新しい?Flash ROM

kazzoで使えるフラッシュカートリッジを作る際、推奨?とされているのはAM29F040。

いくつかの要因でkazzo用としては最適と言えるFlash ROMである。
ただ、容量が4Mも要らないケースが多く、代わりに使える廉価なものがないかと考えていた。

たまたまヤフオクを検索しているとAT29C020なるFlash ROMを発見。
似たような名前にW29C020があり、こちらは制限付きでkazzoで使える。

制限の内容は簡単にうと下記。
・PRG ROMで使うには、WEを切り替えるスイッチを付ける必要がある。
・CHR ROMとしては使える。

AT29C020も同様の制限があるのか。それとも制限はないのか。はたまた全く使えないのか。
このような疑問が出てきたため、試して見ることにした。
->10個で1500円弱だったかな。

下記の2個を作ってみた。
①TKROM CHR,PRGともにICソケット化し、CHR ROMにAT29C020を使用。
②SNROM PRGにA29C020を使用。WEを切り替え可能に。

RIMG0064.jpg


①を作ったのは、そもそもAT29C020の仕様の理解に自信が無く、またHW改造の失敗の可能性を排除するために、
W29C020(kazzo対応リストにあり)と抜き差し出来るようなカートが欲しかったため。

②は利用シーンの本命。もし切り替えスイッチ不要で使えるものであれば、
2M以下のフラッシュカートでメインとして利用したかったため。


結論から書くと、AT29C020はW29C020と同様の制限がある。
つまり、PRG ROMとして使うにはWEを切り替える必要がある。

個人的な見解だが、価格面でメリットがあるものの、制限があるため、素直にAM29F040を購入するのが正解。
価格面に関しても切り替えスイッチまで考慮に入れると、その利点も薄れる。

なお、検証データが少ないが、AT29C020をCHRに使ったTKROMにおいて、書き込みエラーが頻発した。
たまたまという可能性も十分あるが、一応記載しておく。
→erase_waitなどの値を弄るとこのあたりの改善するだろうか。

[ 2012/08/04 22:18 ] kazzo | TB(0) | CM(0) | 編集

kazzo用のスクリプト

kazzoはスクリプトを使うことで様々なファミコンカセットに対応できる。
ただ、ファミコンのカセットの種類は膨大な数で、添付されているスクリプトは限られている
→限られているといっても、十分な数のソフトに対応できている。


他のスクリプトを参考(パクリ)にしたり、見よう見まね、トライ&エラーで添付されていない下記のスクリプトを準備した。

・Bandai_FCG-1#16
・Bandai_FCG-2#16
・Bandai_lz93d50#16
・irem_g101#32
・konami#87
・konami_Goemon_Gaiden1
・Sunsoft_fme7#69
・vrc4e

なお、Dumpモードのみしか作成できていない。(吸出し専用)

標準添付のもので対応できるものがあったかもしれないが、それはそれと思って試していた。
作ったというようなものは何一つ無く、他の方が作ったスクリプトの数字を変えただけのようなものばかりだ。

いつか全く作りが違うカセットのスクリプト作れるだけ理解を深めたいものである。

なお、スクリプトは過去にブログで配布していたものもあるが、前述のように理解の低い人間が
トライ&エラーでとりあえず動いたという代物。
変なものを配布して、万が一にも開発者の方に迷惑をかけるわけには行かないので、
再配布は予定なし。
[ 2012/07/12 23:48 ] kazzo | TB(0) | CM(0) | 編集

kazzo マッパ87 dump script

手元のツインビーを吸い出そうとしたら、anago用のscriptが見当たらず・・・
unagi用は以前にいただいていたので、そちらで試すとさくっと吸出し成功。

せっかくだから、anago用のscriptを作ってみることにした。
無事に吸いだせたので、ここに置いておく。

konami_#87

拡張子を txt にしてるので ad に変更してくだされ

2012/07/13追記
スクリプトを削除しました。

理由は下記を参照ください。
http://buihachi.blog.fc2.com/blog-entry-48.html




[ 2012/04/09 19:43 ] kazzo | TB(0) | CM(4) | 編集

kazzo with SLPCATさん基板 その3

SLPCATさんに分けていただいたkazzo基板でデータを吸い出しいてるとあることに気付いた。

「ドラクエ1がどうしても吸いだせない!」

というか、CNROMのカセットが厳しい。
データはPRG ROMは正しいがCHR ROMが吸うたびに値が変わるという症状である。

TKROM,SKROMは吸いだしどころからフラッシュカートの書き込みも問題ない。
SNROM,NROMのカセットも問題なく吸いだせる。

RIMG0349.jpg

写真は手元のCNROMのカセットのドラクエ1、迷宮組曲、グラディウス。
グラディウスは100%吸いだせる。
迷宮組曲は20回ほど試したところ1回だけ吸いだせた。
ドラクエ1は何十回やっても吸いだせない。
実はドラクエ1は2本持っているのだが、2本ともダメ。ちなみにこのドラクエ1はkazzo2.0基板では吸いだせる。
グラディウスはCNROMとは言え、KONAMI仕様のCNROMのため物理的に差分があるのだろう。
つまり、任天堂基板のCNROMがダメ???

SLPCATさんのブログを読み直していると、5Vの配線を追加とある。
コメントで質問したところ、CNROMの書き込みが不安定のための様子。

ブイハチも配線を行うが、残念がら効果なし。
ただ、USB給電はノイズ乗りまくりのイメージが強いので、電源関係が犯人の可能性は高いと考えた。

となると定番の対応はパスコンの追加である。
パスコンが効果あるのはICへの追加。ここで確認すると74HC574の近くにコンデンサが無い。
「これは効くんじゃないか?」とおもむろに追加する。
RIMG0346.jpg RIMG0347.jpg

期待を込めて吸いだしてみると・・・
screenshot3.jpg

キタ━(゚∀゚)━!
1回も吸えなかったドラクエ1が吸いだせた!
5回以上、抜き差しして試したが100%吸いだせる。
迷宮組曲もばっちり!

他のマッパーのカセットも試したが、全く問題なく吸える。
これにて完了!



[ 2012/04/08 21:33 ] kazzo | TB(1) | CM(2) | 編集

kazzo with SLPCATさん基板 その2

SLPCATさんのkazzo基板、スーファミカセットに入れるには少し大きかったため、
基板用の足(スペーサー)を付けて裸運用するつもりでいた。

が、前のスーファミカセットに入れたkazzoが友人に好評で、なんとか今回もケースに入れてみたくなった。

で、こんな感じにしてみた。
RIMG0338.jpg RIMG0340.jpg
パッと見、ただの白いケース。右はひっくり返した状態。 微妙に基板が見えるかなw

RIMG0339.jpg
蓋をあけると基板が出てくる。 

RIMG0341.jpg
吸いだすときはこんな感じに。

蓋をくりぬいて、ケースを閉じた状態でカセットを刺せるようにしようかと思ったが、この状態で使うことにする。
使わないときは蓋を閉めておけば、コネクタにホコリが入ることもなく保管しやすいだろう。

うむ。個人的には満足。 もちろん、基板に足を付けただけで使っても問題は起きないと思う。





[ 2012/03/28 20:26 ] kazzo | TB(0) | CM(0) | 編集