2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | 編集

レトロゲームの分解清掃に役立つもの

レトロゲームに手を出すと、必然的に中古購入がメインとなる。
本体やゲームカセットはそれほど気にならないが、コントローラだけは汚れが気になるもの。

特にスーファミのコントローラは色がグレーということもあり、汚れが目立つ事この上ない。
そこで分解清掃するのだが、その掃除の際にコントローラを傷つけないちょうどいい硬さなのが歯ブラシ。

汚れを落とすときには歯磨き粉を付けて、最後に全体を洗うときに中性洗剤を付けてと大活躍する。

そんな歯ブラシでの汚れ落とし作業を楽にするべく、導入したのがこれ。



電動歯ブラシです。
単に歯ブラシを電動にしただけだが、細かい溝など手でゴシゴシするには力が入れにくい場所でも、ヘッドのみが動いて簡単に磨ける。
また、歯ブラシである以上、当然ながら水に濡れても問題ない。
値段も500円ほどで導入しやすい価格帯。

コレを導入してから、コントローラのボタン穴の汚れを落とすのが随分と簡単になった。
ボタン穴なんて組み立てたら見えない場所なんだけどねw

この電動歯ブラシ、人によってはヤスリを付けてプラモやフィギュアの面取りに使ってるらしい。
意外と多用途に使える歯ブラシである。
スポンサーサイト
[ 2012/12/01 10:57 ] お道具箱 | TB(0) | CM(0) | 編集

ダイソーリューターの修理

ダイソーで840円のリューターを愛用している。
100均のダイソーとしては破格の価格だが、ブイハチの環境ではそれなりに出番が多く、妥当な金額だったりする。

プラ製品の加工でさえ、パワー不足を感じる本製品ではあるが、大活躍する場所がある。

それは”基板のパターンカット”である。

レトロゲーの工作をしているとパターンカットする場所がそれなりに多いのがパターンカット。
このカットを行う上で、今となっては手放せなくなってしまった。

カッターでカットする場合、下手くそなブイハチは隣のパターンまでカットするのではないかと心配してしまう。
また、V字に切り込みを入れて、確実にパターンをえぐってるつもりでも、パターンが残っていたりという可能性もあった。

その点、リューターなら削りとってくれるので安心。場所もピンポイントで狙える。
もし、工作する上でパターンカットうぜーとか思う人は、一度使ってみて欲しい。

さて、本題。

愛用していたリューターが壊れてしまった。
ネットで見ていると故障報告はチラホラあり、以前からそのうち壊れるとは思っていた。

新しく買っても良いのだが、ようは中に入ってるモーターがだめになるだけなのでこれを交換してやれば良い。

早速リューターをばらしてみる。
RIMG0160.jpg

確かに懐かしき、ミニ四駆のモーターのそっくりさんが居る。
モーターの両端子にハンダ付け、それにモーターのフレームをGNDに落としてる。
フレームにもGNDをはんだづけしてるのは、スイッチをフレームに接触させることで電源を入れるためだろう。

この3箇所を外し、モーターの先についてるプラ部品を外す。
これでモーターを交換できる。 交換するのはコイツ。

RIMG0159.jpg

先人たちの情報を見てるとトルクチューンモーターとやらが良いらしい。
当時はハイパーミニモーターとか使ってたなー(遠い目)

さくさくっと元通りにはんだづけする。
RIMG0164.jpg

あとは、ケースを元通りにすれば完了。

確かに元よりも回転数が上がったような音がする!?
まだまだ活躍してくれそうである。

[ 2012/10/19 20:25 ] お道具箱 | TB(0) | CM(0) | 編集

【お道具箱】パーツの整理を考える(2)

早速、100均のケースに手近なものを入れていく。

15分割ケース2
主にIC系を入れてみた。スーファミカセットから剥がしたSRAMが結構ある。
また、ICソケットもこちらに。
74xxやTRが増えてきたら、それようにケースを一個仕入れてもいいかも。
なお、部品取り用のスーファミカセットが邪魔になってきたので、そろそろ一気に剥ぎとるか。

15分割ケース3
こちらは主にコネクタ類。
RGB21ピンのコネクタは、デカすぎて入らんなかった・・・

15分割ケース4
こちらは主にスーファミコントローラの部品。
コントローラのガワ、ケーブル、基板はさすがに無理w

コントローラは部品ごとにメンテ済みなので、組み立ててしまってもいいが、
標準コントローラを何個も持っていても意味は無いので、必要時に組むことにしている。
本体が2台あるので、友人に譲ったりするときに組もう。
それ以外は、連射コンへの生贄用w

さて、4個買ってきたが、コンデンサや抵抗などを入れること無く3個を使ってしまった。
100均の商品は売り切れると次がいつ手に入るか分からんとか聞くので、
あと2個ほど買いたしておこうかと思ってる。


[ 2012/02/11 08:08 ] お道具箱 | TB(0) | CM(2) | 編集

【お道具箱】パーツの整理を考える

ゲーム機の改造などしていると、イロイロと部品が集まってくる。
必要なものを購入する際に、送料を考えてついつい余計に買ってしまうせいだろう。
例えば、目的の物を予備を含めて複数個購入。
他には、いつか使いたいor作りたいと思っている部品を一緒に購入。

コネクタ類は主に前者だ。汎用性もあるため、ついつい複数個買ってしまう。
部品として買ったもの以外にも、部品取りして集まってきたものもある。
具体的にはスーファミカセットからもぎ取ったSRAMなんかがそうだ。
カセットが安かったために、まとめて何十個も買ってしまったのが原因。
→しかも、まだSRAMを取らずにカセットのままのも多い。ハッキリ言って邪魔。

このあたりの部品を適当にハコに入れたり、袋に入れていたりしたので、
そろそろ二十購入してしまう可能性が出てくる。

そこで、手頃のケースを見繕って整理したいと思っていた。

ググってると、ダイソーの15分割ケースが良さそう。
ただ、生産終了という意見もある。見つけたら即買いしとけってアイテムらしい。

近くのダイソーに行くと、影も形もない。2件回って2件とも。
最後に、近くにある100均もついでに覗いてみた。
すると、それっぽいものがあるじゃないですか。まさか一番近いお店にあったとは・・・

15分割ケース1

とりあえず4つ買ってきた。目に入った小物を入れていく。


[ 2012/02/11 04:48 ] お道具箱 | TB(0) | CM(0) | 編集

【お道具箱】自動半田吸取器の修理

ゲーム機の改造をしているとハンダゴテを使うケースがある。
というか、ブイハチの行なっている改造のほとんどがそれである。

部品を取り外す際に、ハンダを吸い取るのだが、コンデンサなどの足が2本程度のものであれば、
大した手間はかからない。

しかし、30ピンもの足があるICなどを基板から取り外すとなると結構面倒である。
ハンダ吸取線で一本ずつ吸い取っていくと、面倒だけでなく吸取線のコストもかかる。
他にもスッポンと言われる昔ながらの吸引タイプの物もある。

ブイハチはハンダシュッ太郎というハンダゴテとスッポンが合体したようなものを愛用していたが、
最初使ったときは感動したのだが、ドンドン吸い取り具合が悪くなってきていた。
掃除して多少マシになるとは言え、限界もある。
ググってみると買い直ししてるような方も居て、ランニングコストはバカにならないと判断。

そもそも、シュッ太郎を作ってるサンハヤトは良い物を作るが、それ以上に高いというイメージ。
しかも、消耗品の販売がググった限りでは分からない。
→問い合わせして初めて分かるのかも?

ハンダゴテの雄である、HAKKOなどは消耗品のカタログがあり、品番をホームセンターで伝えるだけで手に入る。

と、前置きが長くなったが、シュッ太郎を買い直すぐらいなら、ちゃんとしたハンダ吸い取り機を買おうという話。
しかしながら、自動半田吸取器は2万円コース。正直高い。
ちなみにシュッ太郎は4千円ぐらい。

そこでヤフオクをウォッチして、1万円程度で買えるブツと出会える日を待つことにしていた。
そんなブイハチの目に飛び込んできたのが、HAKKO 808である。
なんと現行機種である。それが1万円以下で買えるのか?
はい、訳アリ品です。
説明によると吸込しないとのこと。出品者曰くダイヤグラムの劣化とのこと。

ググってみて、似た症例を調べるとダイヤグラムと弁の劣化により吸えなくなるようだ。
消耗品の金額を調べると1000円もかからない。

落札金額、送料、用意する消耗品の総合計の予算を1万円として、入札に挑み無事に落札することができた。
届いたのがこちら。嬉しいことにいくつかの交換部品付きである。
808_01.jpg 808_02.jpg
特に高価なヒーターが付いてるのが嬉しい。これだけで3000円ぐらいする。
ノズルも2個ある。できればサイズ違いが欲しかったが贅沢は言えない。

早速分解してみると、確かにダイアグラムが変形している。
808_03.jpg

取り出してみて、交換部品と比較。
808_04.jpg 808_05.jpg

交換部品は綺麗な円の形をしてるが、取り出したものは歪な形・・・
ダイアグラムは2個セットのため、もう片方はそれほど変形していないが、
合わせて交換。

弁は破けたりしてなかったため、そのままで様子を見る。用意したものは保管する。

このダイアグラム交換のみで、ばっちり吸い出せるようになった!
生産終了の古いモデルを覚悟していただけに、現行機種を入手できたのはラッキーだった。
経年劣化しそうな部品は今回交換したor予備部品がある状態のため、
まだまだ戦えることだろう。

動作を確認したし、分解して清掃すっかなw













[ 2012/02/10 21:10 ] お道具箱 | TB(0) | CM(0) | 編集





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。