2012 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 11




MAME用麻雀コントローラの作成

最近、ハンダゴテを握ってなかったので、材料だけは揃っていたMAME用麻雀コントローラを作成した。

使うのはこちら。
RIMG0085.jpg RIMG0093.jpg
テレビにビデオ出力して遊ぶ麻雀ゲーム(麻雀激闘伝説)とUSBキーボードの基板。
MAMEは麻雀用配置として下記のキーを使う。
 A~N:そのままA~Nキー(Nは捨て牌キーを兼ねる)
 コイン投入:5
 スタート:1
 リーチ:Shift
 ツモ:Z
 ポン:Alt
 チー:スペース
 カン:Ctrl


RIMG0087.jpg RIMG0097.jpg
麻雀ゲームをバラしつつ、キーボード側も配線しやすいようにUSBケーブルを一度取り外す。また不要なLEDも取り外す。→このLEDは別の工作でも使えるので残しておくw

あとは麻雀激闘伝説を分解して、各ボタンを押した時にPC上で上記のキーが押されるようにUSBキーボードと配線すれば良い。
ただ、1点だけ注意点がある。
RIMG0090.jpg

画像の左側は電源ON/OFFボタンのスイッチ部である。
画像を見ればわかるが、このスイッチは押しているだけONになるのではなく、一度押すともう一度押すまでONになったままである。ロック式などと言われるタイプ。
元の電源ボタンという意味では誠に正しいのだが、麻雀コントローラとしては非常に困る。

というわけで同じサイズでロック式ではないスイッチを用意しておく。
RIMG0095.jpg
見た目はそっくりだが、これはロック式ではなく、元画像の右のスイッチと同様に押した時のみONになるタイプ。
本当はわかりやすく右のスイッチと同様に黒いのが見つかればよかったのだが仕方が無いw

あとはパターンカットしつつ、配線して完成!
RIMG0099.jpg RIMG0100.jpg

USBケーブルが白いのが気になるが、これで心置きなく麻雀ゲームが楽しめることでしょう。
なお、動作確認には実際のゲームではなく、下記のようなキーコードを確認するソフトを使うと便利。

キーボードテストツール
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se426057.html

似たような材料がもう1点あるので、近いうちにもう1個作るか。
ただ、MAMEでゲームしないんだよねw

[ 2012/10/06 19:33 ] コントローラ | TB(0) | CM(4) | 編集