2019 031234567891011121314151617181920212223242526272829302019 05




金◯オフ会に半年ぶりに参加(4/28)

ブイハチのはじめての金◯は、某所で告知されていたオフ会。
今回、実に久しぶりに開催されたのでワクワクと参加してみた。

DSC_1018.jpg

予想通り、前回に参加した際の方々の集まりでしたー。
主催した方を含む2名の方とお久しぶりの挨拶。
向こうも覚えていてくれて「以前にお会いしましたよね(^o^)」 「今日は前回よりもちょっと楽しいところ行きますよ(^o^)」など。
前回は午前で逃げ帰ったし、自分だけエスケープルートを選ばしてもらったりと足手まといでしか無かったなー。

なお、猿連の仲間でフルサイズトリッカー乗りを初の山遊びに誘ってみた。(^o^)
さらに、猿のトレールトライアル主催者さんも参加で、私は知った顔のほうが多かったw
→お互いに車種から、「ひょっとしたら?」と予想はしてたw

最初からいきなりガレと言うよりロックに近い登りルートに入る(汗)
どういうルートにするかの確認するためのルートだったらしい。
全員問題なく登れたので、この時点で怪しい雰囲気にw

まだ比較的マシなルートで肩慣らしがつづく。

DSC_1020.jpg

来るたびに石を積み上げているという岩。私も一個載せておきました(^o^)
台風で一気に崩れるらしいので、次に来たときに残ってるだろうか?

山の中をどんどん入っていく。 ただ、前日の雨で土が柔らかいのなんの(汗)
DSC_1022.jpg

登るといい景色の場所が。自分のバイクを一番手前に並べるブイハチw
富士山がよく見える場所で、おもわず皆で写真撮影。

DSC_1023.jpg

その後も進んでいく中で主催者さん達の話し合い。「このメンバーなら、あそこでも行ける」 不穏な空気に。
そこで沢を渡るルートの説明があったが、やってみると皆さんあっさりとクリア。

だが、罠はその先にあったw
わずか数メートルの登りだが、タイヤが全然食わない。

主催者さんたちも上がれない(汗)
ブイハチも行けそうなルートを探してもがいていたが、ある程度まで行って最後は前後ヘルプで上がることに。。。

まだまだバイクは残っている。(この日は8台で遊んでいた)
そこで1人がロープを取り出して、一台ずつ引き上げていく。

DSC_1024.jpg

エンデューロタイヤならいけるか?など話していたが、やっぱりヘルプなしでは上がれずw
ここで時間を食いすぎたので、大丸太と呼ばれる?丸太で練習して昼飯に戻る。

DSC_1029.jpg

この丸太、安定して上り下りできるようになりたいなー。

飯を食ったら午後の部に。
「あそこまでいきます(^o^)」と山のてっぺんに見える場所を指さされる。おー、結構な距離だw

午後は距離というより路面が大変すぎた。
そのせいか、苦労する人が続出でなかなか進まない。タイヤ進まない進まない。
予定時間になったが「時間は大丈夫です(^o^)」と全員やる気満々。

ヘルプしあいながら、何とか目的に場所に到達!

いい景色が見える場所があると案内されるとたしかに!

DSC_1032.jpg

富士山と反対側には海が見える(^o^) これは良いですわ。雲が残念だったので、また見に来なきゃw

さすがに時間が遅くなったので、帰りは舗装路を使って一気に下る。
DSC_1035.jpg

集合した場所に戻ってきた、軽くダベって解散。

いやー、疲れたけど楽しかったー。普段のメンバーとは違ってても同じ趣味の同士。
話がしやすいことこの上ないw

また参加させていただこうっと。(次回はいつだろう?w
[ 2019/04/29 20:53 ] バイクツーリング | TB(0) | CM(2) | 編集