2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | 編集

ニューファミコン用コントローラを自作その2

ニューファミコン用コントローラの自作の2個目。
単純にケーブルを配線すれば、スーファミのコントローラは繋がる。

手元にあるのは海外ファミコンのケーブル。
これをスーファミのコントローラの配線するだけ。
任天堂同士なら、同じ色を繋げば動くかなと思ったが、調べてみると違う。

NESコントローラ
 1 GND braun
 2 CLK red
 3 P/S orange
 4 OUT yellow
 5 VCC green/white

SFC PCB
 GND braun
 OUT red
 P/S orange
 CLK yellow
 VCC white

CLKとOUTの色が異なる。具体的には下記のように配線する。
スーファミ配線 NES配線
左がスーファミコントローラの画像。このコネクタを外して、配線したのが右の写真。
赤と黄色が入れ替わっている。

これだけでニューファミコンでスーファミコントローラを使用できるが、
A->B, B-Yとボタンが変更されるため、これを解消する。

基板上のパターンをカットして繋ぎ直してもいいが、
あえて制御ICの場所でパターン入れ替えを行った。

2P_01_編集
赤字で書いているのが、スーファミの各ボタンの信号。黄色がその際のファミコンのボタンの対応。
つまり、黄色になるように、制御ICからの配線を変えてやる。
2P_02
①L,R,X,A,Bが繋がっているICの足を上げる。
②ファミコンAの足をスーファミAのパターンに繋ぐ。(見難いが足を斜めにしている。)
③スーファミR X Aのパターンを繋ぐ(どれを押してもAボタンを押したことになる。)
④スーファミL Y Bのパターンを繋ぐ(どれを押してもBボタンを押したことになる。)

ICの根元でパターン変更したのは、XYLRの4ボタンも使いたかったため。
Lのみリード線で繋いでいるが、残りは隣り合わせのため容易に接続可能。

これでニューファミコンにつないだときに、RXAでAボタンが、LYBでBボタンが押されるコントローラが完成。
ただ、パッと見はスーファミのコントローラにしか見えないため(それを狙ったが)、
一目でニューファミコン用だと分かるように工夫をした。

それがこちら。
全体像 完成1コン 完成2コン

2つのコントローラのボタンを2個ずつ入れ替えて完了!




スポンサーサイト
[ 2012/02/03 23:56 ] コントローラ | TB(0) | CM(2) | 編集

No title

マイク増設はやはり無理なんでしょうか?無理っぽそうですね
[ 2012/02/10 13:32 ] [ 編集 ]

No title

マイクを使用するゲームは赤白ファミコンで遊べばいいと思って、特に調べてませんw
ただ、少なくともコントローラの改造だけで済むとは思いません。
[ 2012/02/20 08:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://buihachi.blog.fc2.com/tb.php/31-5712205b







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。