2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | 編集

Retrode用PCEアダプタで吸いだしたデータの確認

いまさらですが、retrodeのPCエンジンアダプターは、ぽんRevさんがとっくの昔に記事にされています。

こちらの記事に吸い出したデータを128K,256K,384K,512K,768K,1024Kで切り出すための方法が記載されている。
必要な自作ツールも公開していただけているので、感謝感謝である。

対象のゲームの容量を調べておいて、そのコマンドを実行しても良いのだが、調べるのがそもそも面倒w
というわけで、下記の内容でバッチファイルを作って、吸いだしたデータを全てのパターンで切り出す。

datacut GenericRomInSnesSlot.dat HuCard128.pce 0 131072
datacut GenericRomInSnesSlot.dat HuCard256.pce 0 262144
datacut GenericRomInSnesSlot.dat HuCard384.pce 262144 393216
datacut GenericRomInSnesSlot.dat HuCard512.pce 0 524288
datacut GenericRomInSnesSlot.dat HuCard768.pce 0 786432
datacut GenericRomInSnesSlot.dat HuCard1024.pce 0 1048576

あとは、順にROMチェックツールにかけて正常に認識されればビンゴ!というわけである。
全部ダメだったら吸出し失敗ということで。

ファイル名は既に変えちゃっているが、ROMチェックツールにてこのように表示される。
screenshot4.png screenshot5.png

これで安心して「Retrode用のPCEアダプタが完成した」と言えるかなw

スポンサーサイト
[ 2012/10/23 21:26 ] retrode | TB(0) | CM(0) | 編集

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://buihachi.blog.fc2.com/tb.php/67-7ae7020c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。