2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10




久しぶりに赤白ファミコン AV化

久しぶりに赤白ファミコンをAV化してみた。

今回対象となった赤白ファミコンの基板はHVC-CPU-07という型番のもの。
いわゆる前期基板と言われるものの中で比較的多く見られるものだと思う。
過去に前期基板を3枚改造したが、全て上記の型番だった。

また、縦縞除去を狙って、下記のステップで改造してみた。

①素の?AV化
②電源基板にある3端子レギュレータの入力で使用する電解コンデンサを1uF→330uF、積セラ0.1uF追加
③CPU,PPU,SRAMx2,74LSxxxの電源ピン直近にパスコン(積セラ0.1uF)追加
④PPU21ピンをカットし、2SA937のベースと直接接続
⑤基板上の103表記のセラコンを積セラ1.5uFに変更

特に④のPPU21ピンカットは下記のサイトで紹介されており、前から気になっていた。
vaot.mydns.jp/fc/
⑤も同サイトの中で実施してるのを見たが、あれは後期基板だったかな。手持ちに1.5uFがあったので追加で試してみた。

各ステップの画像をキャプチャーしたので比較しながら見ていこう。
画像は左右分割しており、左が一つ前の改造の画像、右が追加改造の画像としてある。

まず①の素の?AV化(これは全面同じ画像)
01_AV化のみ

かなり縦縞が目立つ状態。

②の電源基板のコンデンサ対応(左は①時点の画像、右が②の対策画像)
比較01-02

何も変わらない・・・

③各ICにパスコン追加(左は②時点の画像、右が③の対策画像)
比較02-03

太い線が消えて、細い縦線のみなった(気がする)

④PPU21ピンカット(左は③時点の画像、右が④の対策画像)
比較03-04

縦縞がほとんど気にならない程度になった!

⑤基板上のセラコン変更(左は④時点の画像、右が⑤の対策画像)
比較04-05

あまり変わらない(;´∀`)


確かにPPU21ピンカットの効果は大きいと感じた。
ただ、パスコン追加も効果があり、この二つの対策をすれば、自分としては満足できるレベル。

正直、②と⑤の対策は要らないかな・・・
まだ赤白ファミコンは手元にあるので、次回は③、④のみ対策して同様のレベルになるかを確認したい。
また、パスコン→21カットの順ではなく逆にして見ようと思う。


最後にビフォーアフターを載せておく。 ①→⑤の画像です(^O^)
比較結合



根本的に色が濃いので、もう少し弄って完了かな。
縦縞はこれで止めておこうw


スポンサーサイト
[ 2012/11/21 22:53 ] ファミコン | TB(0) | CM(0) | 編集

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://buihachi.blog.fc2.com/tb.php/72-e4aa62db