2011 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 01




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | 編集

いまさらのWiiマリオカートのためにコントローラを準備

先日5000円弱でWiiを見つけたので、モゾモゾできるロットであることを確認した上で購入してみた。

 

マリオカートも入手したので、スーファミ時代を懐かしく思いつつプレイすることに。

やってみるとWiiリモコンでの操作がどうにも慣れない。

左右の微妙なハンドル操作がうまくいかない。

 

どうやらクラコンでやると操作しやすいらしい。

が、ここで単純にクラコンでやるのは芸がないと思って、用意したのがこれ。

IMG_20130324_164343

 

一部で今も愛されているコントローラである「ネジコン」である。

USB化してパソコンで使うつもりで買っておいたのだが、一向に使わないので今回の改造に。

 

 

材料

・ネジコン(PS用コントローラ)

・レトコン(Wii用のコントローラ)

・QFP32用変換基板

・ハンダや線材など

 

改造方法は単純な方法で、乗っ取り方式。

レトコンはWii購入と同時にVCでレトロゲームを遊ぶために購入。

アナログスティック未対応だが、分解すると左上の方に可変抵抗が密集しており、アナログスティックの信号を処理していた。

マリオカートでは左スティックの左右移動のみ使えれば良いので、該当の信号を確認して改造することにした。

IMG_20130315_190341

 

最初は別の箱にでもレトコンを納めて、各信号を引き出し、ネジコン側も各信号を引き出し、Dsub15ピンケーブルあたりで繋ぐつもりでいた。

ただ、それだと美しくない!という声が聞こえたかはさておき、Dsubケーブルの納期が思いの外かかったため、待っていられなくて内蔵してしまうことにした。

 

レトコンで使用されているICはQFP32ピンだったため、秋月で変換基板を購入して載せ替えて内蔵することにした。

ただ、これは早計でスペースが足りず、変換基板を多少加工することになった。それなら、レトコンの基板を切断してしまっても良かったかもしれない。

→基板を自分で引けばこんな苦労はいらないのだが・・・

 

あとはネジコンの基板から不要なICの等を取り外してQFP変換基板から信号を配線すれば終わり。

注意点としては、ネジコンの仕様かプレステの仕様かは分からないが、アナログ信号の増減値の処理がWiiと逆のようだ。

→つまり、ハンドルを右に切ると左に曲がる。

これは電圧を見てるだけなので、ネジコンの可変抵抗?の電源とGNDの配線逆にする。

汚い内部の配線はスキップして、完成したのがこちら。

IMG_20130324_164252

 

クラコンを使うこと無く、いきなりこんな改造したコントローラを使うのも何だが、ひとまず使って見ることにする。

 

 

今回の改造では、ハンドル操作の本体をねじる動作以外のアナログ処理は対応できていない。

特にLボタンがアナログになっているのが痛い。やむを得ずSTARTボタンを代わりに使用している。

参考までに下記にクラコンとネジコンの操作方法の比較表をおいておく。

 

 

  Wiiクラコン 改造ネジコン
ハンドル操作 左スティック コントローラをねじる
ウィリー(上・下)、ジャンプアクション 十字キー  十字キー
アクセル aボタン Aボタン
ドリフト(ブレーキ・バック) bボタン、Rボタン Rボタン
アイテムを使う Lボタン STARTボタン
バックミラー(後方を見る) Xボタン Bボタン
ポーズメニュー +ボタン なし

 

STARTボタンをアイテムに割り振ってしまったため、ポーズメニューを出すことが出来ない。

まだ、マリオカートを始めたばかりのため、ポーズメニューは無くても困っていない。

場合によってはLボタンのデジタル化を考えなければいけないかもしれない。

 

というか何をすればアナログボタンをデジタルにできるんだろう。

適当なロジックIC使えばできるかな?


追記
 ドリフトのボタンとして、クラコンのbボタン、Rボタンどちらを乗っ取ってもいい。
 私はネジコンもRボタンに割り当てるからと言う理由でクラコンのRボタンになるようにしたが失敗だった。
 bボタンに該当するボタン割り当てをしなかったので、レース選択などの際にキャンセルが出来なかった。
 ドリフトのボタンとしてはRではなく、bボタンを乗っ取りましょう・・・
 →こんな改造する人が他には居ないと思うが念の為の注意事項

スポンサーサイト
[ 2013/03/24 17:14 ] コントローラ | TB(0) | CM(0) | 編集

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://buihachi.blog.fc2.com/tb.php/90-803d8845







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。